2010年04月03日

KLX125リアボックスDIY

20Lを切る小さいオリコンは、近場のホームセンター回ってもなかなか置いていない。
で、結局ポチった。もしかしたら探し回る手間やガソリン代考えたら通販の配送料のほうが安くついてたのかも・・・。orz

100403_1347~0001.jpg 100403_1347~0002.jpg
オープン ←→ クローズ

で、取り付けてみた。
キャリアに滑り止め兼ガタツキ防止のスポンジシートを引いて、その上にオリコン乗せてタイラップで留めて完成。
おー、ますますおっさん臭くなった!

100403_1311~0001.jpg 100403_1346~0001.jpg

スポンジシートはキャリアの形にカットした。
見えないところもきれいにしときたい気分だったから。そんだけ。

オリコンのほうは底面に半田ごてで穴あけて、補強のつもりの穴あき汎用金具(1枚22円!)をあてて、キャリア本体にタイラップ留め。
タイ留めなんでたまーーーに劣化を気にしといたほうがいいかも。

DIYのポイントは穴の位置決めくらい。
たたんだオリコン側面と、底面にあてた金具が干渉しないように。

以前のバイク達にはハードボックスをつけてたのだが、折りたたみ式のにしたのはKLX125が初。
取り付けがほんの多少手間だったのだが、それに折り合うくらい便利じゃないかなぁ、と思う・・・が、実際はどうなんだろう。
試しに早くお出かけしたいのだが・・・なんか用事ないかなー。(´・ω・`)
posted by おっちゃん at 14:34| 東京 ☁ | TrackBack(0) | パーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。